SteveがCEO辞任を表明した日、私Macに戻ることにしました

49.7
私、インターネットがなければ生きていけないかもしれない、おばさんです。Steveよりは少し下です。
ちょうど20年前、DOSっていうOSがPCの主流だったころ、ラップトップとは名ばかりの膝も砕ける重さ11キロのコンピュータが私の最初のマシンでした。これって、周りの友達が彼氏作ってるから私もみたいなノリで背伸びをしたかもしれません。努力はしましたが、愛することはできませんでした。
やりたかったことはデータベースだったのですが、手も足も出ず玉砕しました。寂しいからって手近な男に手を出しても満たされませんよね。
当時私には、GURUと呼ぶコンピュータの師匠がいました。私なりに師匠として尊敬していましたが、GURUはなぜか私にこき使われていると思っていたようでした。Dベースというそのソフトに剣もほろろにあしらわれ、夜中に電話でたたき起こして操作方法を聞いていただけだったのですが。
見かけによらず繊細だったらしいGURUは、安眠を確保すべく中古のMacintosh Plusを25万で譲ってくれました。新品で80万していた時代のお話です。
その後も次々とGURUのMacを下取りしながらWindowsって3年落ちのMacのパクリ?とすっとぼけて生きていたましたが、ここ数年、諸事情によりWindowsXPとかいうOSを乗せた美のかけらもないノートPCをメイン機として仕事をするはめになりました。
で、ふと気がつけば部屋にMacがない!Macのない人生は嫌だ!そうだiPadを買おう!iPadを買って街へ出よう!
何で?という途中の紆余曲折はおいおいと。来週購入予定で9月1日からこのブログを始めるつもりだったけど、Steveに敬意を表して、私もMacに戻る決意表明をいたします。
とかいう独り言を、そう遠くない老後の楽しみに書いておこうかなっていう日記です。

コメントを残す