Spanair: 突然の運航停止の訳は燃料費が払えない!

スペインの日刊紙 El País によれば、資金難で航空機の燃料費が賄えず飛べなくなったとか。あまりにスペイン過ぎる展開。
El País
Spanair precipitó el cierre porque no tenía dinero ni para combustible
しかも支払いが滞ってツケで売ってもらえなくなっていたと。では閉鎖直前は、今日はお金ないから満タンはムリだな、20リッターにしておくか、みたいな街角のガソリンスタンドのノリで、今日の分ジェット燃料◯◯ガロン下さ~い、で飛んでいたのだろうか。


スパンエアのサイト
http://www.spanair.com/es_pos/es_ES/portal/Error/Page404

Spanair のサイトは一気に閉鎖され今はお詫びとお知らせが毎日日付を変えて404(該当ページなし)として表示されるのみ。
窓口で罵声を浴びているだろうスタッフは自主的に出勤しているのだろうか。従業員は突然の運航停止に際し何も連絡を受けていないという。正式に解雇や会社倒産の書類が発行されなければ失業保険の手続きも進められず、不安でたまらない人たちが千人単位で生まれたわけだ。
一方ライバルだった他の航空会社は客足が伸びているとか。

コメントを残す