MacBook Air:キーボードバックライト

ふと目を上げるたびにグングン減っていくバッテリーが気になって仕方がない貧乏性な私。

ふと目を下げるとキーボードのバックライトが気になった。キーボードを見ながら入力することはないので、これっておシャレ以外に役割なし。設定を見れば、暗いところでバックライトが起動するという項目にデフォルトでチェックが入っている。

えっ?!今十分明るいけれどバックライトが機能しているよ。どれくらい経ったら消すかの設定が、消さないになっている。最短の5秒にしてみよう。5秒で消えるようになったけど、キーかトラックパッドに触れればオンになる。チェックを外してみた。相変わらずどんなに明るいところでもバックライトが点灯する。あれっ?!おかしくない?

サポートに電話してみた。あーでもないこーでもないの挙句、どうやらこの項目正常に機能していないらしい。当面の回避策F5キー連打で完全に消灯にしておく。以上。

とりあえず無駄にバッテリーを消費する要因がひとつ減ったことで、心は明るくなったので良しとしよう。

同日中に電話サポート利用に関するアンケートのメールが来ました。対応は良かったので、その通りお返事しておきました。大変お世話になりました。

追記;Mountain Lion になって日中は点灯しないようになりました。
関連記事:キーボードバックライトがちゃんと動く:Mountain Lion on MacBook Air

コメントを残す