一年前の今日

11/03/2012 0 投稿者: lil_azu

災害時には被災地への電話を控えなければいけないとわかっていても、遠く離れた家族に電話せずにはいられなかった。やっと繋がった義妹の声はひどくかすれていて、余震のために花粉症の薬を取りに家の中へ入ることができないと訴えた。それまでの恐怖の数時間の後、無事が確認でき一安心したものの、被災地からの声は不安に満ちていた。
一年が経っても、誰もが何処かしらに癒えない傷を抱えている。
大切な人を亡くした方々に、今年の桜が僅かでも心の慰めとなりますよう…
失われた尊い命に、今は安らぎがありますよう…
心よりお祈りいたします。